ata 入口
ATA自動仕分システム
Win-Winについて

自動仕分システムのご提案

朝日倉庫ではアパレル量販店への各店仕分けを間違いなく行う仕組みとして、「ATA(Automatic Transfer for Assortment)自動仕分システム」を地場の機械メーカーの株式会社エーデック社
共同で開発しました。
ATAシステムは従来のマテハンメーカーのコンベアー式自動仕分け装置の約2分の1のスペースで
仕分けが可能で、アパレルに最適な落下堆積方法にて仕分けを行うため、しわになり易いアパレル
製品に最適な仕分けシステムです。
また商品のバーコードをスキャナで読み取ることで伝票データと照合を行い、出荷ミスを防止します。

自動仕分機の導入・仕分作業の負担軽減・出荷ミスの改善をご検討の企業様、お気軽に
ご相談下さい。また弊社にて稼働中のATA自動仕分システムのご見学も承ります。

お気軽にお問合せ下さい⇒ 【お問い合わせ先】



  ATA自動仕分システム紹介ビデオ (約7分30秒)
     高画質(54MB)    低画質(15MB)


弊社稼働中のATA自動仕分システム


 ・1号機

   一度に124間口の使用で1時間当たり約1,200枚の仕分けが可能です。

ATAシステムATAシステムATAシステム

 ・2号機
   商品のバーコードをスキャナで読み取ることで出荷ミスの無い自動仕分が可能です。
   60間口の使用で1時間当たり約1,800枚の仕分けが可能です。

ata21ata22ata23


導入例